5月5日は何の日?

5月5日といえば、こどもの日。

 

ですが、同時に、スポーツに関わっている人間なら覚えておきたい2つの記念日でもあるんです。

 

ご存知ですか?

 

 

日本記念日協会のホームページによると、5月5日はなんと、

 

  • フットサルの日
  • 熱中症対策の日

 

となっているそうです。

 

 

フットサルの日の説明

1チーム5人で行い、フィールドはサッカーの約9分の1のスペースで試合をするスポーツのフットサル。その普及を目的にフットサル大会の主催・企画・運営などを手がける株式会社エフネットスポーツが制定。日付はフットサルが5人対5人で行うスポーツであることから。

 

 

熱中症対策の日の説明

一般社団法人日本気象協会が手がける「熱中症ゼロへ」プロジェクトと、プロジェクトの公式飲料「アクエリアス」の日本コカ・コーラ株式会社が共同で制定。熱中症を防ぐには細めな水分補給が大切であることを多くの人に知らせるのが目的。日付は暦の上で夏が始まる「立夏」とし、この頃から熱中症患者の報道が出始めるのでいち早く注意を促す。熱中症予防には水分だけでなくナトリウムを補うことができる「アクエリアス」などのスポーツドリンクが効果的とされる。

 

 

いずれも、企業の想いで申請された記念日ですが、フットサルも熱中症対策も、私たちの活動に大きくかかわっているので、ぜひ、覚えておきましょう!?